エステティシャンに求められるメイクとは?メイクのポイントをご紹介

ようこそ、ゲストさん

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ

今行きたい、人気のメンズエステ

掲載店舗 キャンペーン クーポン
895 392 675

RSS

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. メンエスで働く
  4. エステティシャンに求められるメイクとは?メイクのポイントをご紹介

エステティシャンに求められるメイクとは?メイクのポイントをご紹介

更新日: 2024-02-08メンエスで働く
エステティシャンに求められるメイクとは?メイクのポイントをご紹介

美容のプロであるエステティシャンは、サロンを利用するお客様にとってお手本となる存在。
また、施術によってはお客様との距離も近くなるため、メイクを含めた身だしなみを見られる機会は多くなります。
エステティシャンの美しさはサロンのイメージに直接関係します。
メイクが崩れていたりサロンの雰囲気に合っていなかったりすると、お客様からの評価を下げてしまうこともあるため注意が必要です。
では、エステティシャンにはどのようなメイクが求められているのでしょうか?
今回はエステティシャンに求められるメイクと、そのポイントについてご紹介します。

エステティシャンに求められるメイクとは?

エステティシャンに求められるメイクには、大切なポイントがいくつかあります。
ここでご紹介する3つのポイントに注意して、お客様に好印象を与えるエステティシャンを目指しましょう。

1.素肌がきれいに見えるナチュラルメイク

エステティシャンのメイクは、自然な美しさが感じられるナチュラルなメイクを意識することが大切です。
バッチリと濃いメイクはエステティシャンのメイクとして適切ではありません。
濃すぎるメイクは、お客様に威圧感や緊張感を与えてしまう要因になります。
美しい肌を目指すお客様の身近なモデルとなるため、素肌の美しさがわかるナチュラルメイクを心がけましょう。

2.清潔感のあるメイク

接客業全般に言えることですが、お客様に良い印象を持ってもらうためには清潔感が欠かせません。
しかしメイクが濃くならないように控えすぎると、メイクをしていないように見えてしまうおそれがあり、手を抜いている・だらしない印象を与えてしまいます。
肌馴染みの良い色を選ぶ、アイシャドウやアイラインは控えめにするなど、ポイントごとに意識しけばけばしくならないようなメイクをしましょう。

3.崩れにくいメイク

施術によっては体力を使うこともあるため汗をかいたり、予約が多いと長時間の勤務となりこまめに化粧直しができなかったりすることから、崩れにくいメイクであることも大切です。
乾燥や皮脂の過剰分泌は化粧崩れの原因となります。
これらを予防するような効果のある化粧品を選ぶようにしましょう。
また、メイクの仕上げにフィックスミストを使うこともおすすめです。
ベースメイクが肌に密着し、化粧崩れを防いでくれます。
上記のポイントに気を付け、お客様の憧れとなるような、自然な美しさを引き出すメイクを意識しましょう。

エステサロンの種類別おすすめメイク

エステティシャンのメイクは、エステサロンの種類によって求められるポイントが異なることがあります。

脱毛サロン

脱毛を専門とするサロンでは、清潔感が大切です。
肌にツヤと立体感を出すことで上品でナチュラルに仕上がり、清潔感のある印象を与えることができます。
ファンデーションは厚塗りせず、薄く広げる程度にしましょう。
程よいツヤのある肌に仕上がるリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。
また、ハイライトとシェーディングで陰影を作り、自然な立体感を出しましょう。

フェイシャルエステサロン

フェイシャルエステサロンは顔周りのビューティーケアを専門的に行うサロンのため、見た目の美しさも意識したメイクが大切です。
ナチュラルメイクに明るい色味のアイシャドウなどをプラスして、華やかさを出しましょう。
ラメやパールを効かせすぎると派手な印象になってしまうため、付けすぎには要注意。
ラメアイシャドウを使う際は、少量ずつバランスを見ながらのせていくことをおすすめします。

ボディートリートメントサロン

ボディートリートメント専門のサロンでは、全身の力を使って施術をするため汗などによる化粧崩れに注意が必要です。
メイクがしっかりと肌に密着していないと、時間が経過するごとに化粧品が汗や皮脂と混ざり、化粧が崩れやすくなってしまいます。
丁寧に下地を仕込み、ファンデーションをしっかりと肌に密着させることが重要です。
また、メイクの仕上げにウォータープルーフタイプのフィックスミストを吹き付けることで、メイク崩れ予防になります。

エステティシャンのベースメイクの基本

エステティシャンに求められるメイクの基本である、清潔感や自然な美肌を演出するには丁寧なベースメイクが必須です。

メイク前のスキンケア

素肌をきれいに見せるためには、肌のツヤや透明感が重要です。
化粧の土台となる肌が乾燥していては、メイクがよれたり浮いて見えたりしてしまうため、メイク前のスキンケアは入念に行いましょう。

日焼け止め・化粧下地

化粧下地に日焼け止め成分が含まれているものもありますが、紫外線ダメージは肌トラブルの原因になるため日焼け止めも併用する方が良いでしょう。
エステティシャンは室内にいる時間が多いため、SPFの低い日焼け止めでも問題ありません。
日焼け止めを塗った後は丁寧に下地を塗ることで、皮脂やテカリを抑えてくれる効果があります。

ファンデーション

素肌がきれいに見えるようなメイクをするためには、ファンデーションの厚塗りはNG。
ファンデーションは塗れば塗るほどメイクをしている印象が強くなってしまうため、薄く広げて気になる部分はコンシーラーでカバーしましょう。
乾燥しにくく、程よいツヤ感を出してくれるリキッドファンデーションがおすすめです。
スポンジやブラシを使って伸ばすことで、ムラなく肌にのせることができます。
顔の中心から外側に向かって薄く塗り広げることでよれ防止になるため、丁寧に仕上げましょう。

コンシーラー

クマ、シミ、ニキビ、ニキビ跡などの肌トラブルはコンシーラーを使い、ピンポイントでカバーしましょう。
コンシーラーのトーンは、明るすぎると肌から浮いて見えてしまいます。
基本的には、肌と同じ色か肌より少し暗めの色を選ぶと良いでしょう。
コンシーラーを使う際には、少量を優しく伸ばしていくのがポイントです。
境目が目立たないように優しく伸ばし、しっかりと馴染ませましょう。

フェイスパウダー

フェイスパウダーには化粧崩れを抑える役割があります。
量が少ないと化粧崩れの原因になってしまいますが、付けすぎも乾燥の原因となってしまうため、量の調節が重要です。
小鼻や額など、必要な部分に薄くふんわりとのせましょう。
フェイスパウダーはツヤ感や立体感のある肌を演出してくれるため、ベースメイクの仕上げに使うのがおすすめです。

ナチュラルメイクのポイント

メイク道具

エステティシャンに求められるナチュラルメイクのポイントをご紹介します。
自然な肌の美しさを出すためのメイクのコツをチェックしていきましょう。

自眉を活かした眉メイク

あえて整えすぎずに自眉を活かすと、自然な印象に仕上げることができます。
眉毛はコームで毛流れを整え、薄かったり長さが足りなかったりする部分はアイブロウペンシルを使って書き足すようにしましょう。

ブラウン系アイメイクでやわらかな目元に

ブラウンアイシャドウをグラデーション使いすることで、ナチュラルで上品な目元に仕上がります。
アイシャドウを選ぶ際はラメがキラキラしすぎていないマットなものを選ぶと、ナチュラルメイクでもきちんと感を出すことができます。
マスカラはボリューム力よりも、カールのキープ力や長さを出せるものを選ぶと自まつげを伸ばしたような印象にすることができるため、ナチュラルでやわらかな目元になります。

チークの入れ方のコツ

ナチュラルメイクというと、色味を控えるためにチークを入れないほうが良いのではないかと思う方もいるのではないでしょうか。
チークを入れないと血色が悪く見えてしまったり、余白が浮いて見えてバランスが悪くなってしまったりするため、せっかくのメイクが残念な仕上がりになってしまうことがあります。
肌に馴染みやすいベージュ系のチークを使うと、さりげない血色感を出すことができ、ナチュラルに仕上がります。
チークを入れる際は、頬の一番高い部分から耳のほうへ向かって薄く入れるようにしましょう。
顔色が明るく見え、顔全体のバランスがまとまり一体感が出ます。

肌馴染みの良いリップで自然な艶を

ナチュラルメイクには、シンプルでありながらも上品に見えるベージュリップがお勧めです。
スキントーンに近い色味のリップは、本来の唇の血色感を演出することができます。
また、保湿力の高いリップを選ぶことで唇に厚みとツヤが出るため、ふっくらと立体的に見せることができます。
以下の記事ではエステティシャンの向き不向きについて詳しく説明しております。

エステティシャンに向いているのはどんな人?向いている人・不向きな人の特徴を解説

まとめ

エステティシャンは華やかでキラキラしているイメージがありますが、ナチュラルで清潔感のあるメイクが基本です。
サロンによって求められるメイクは異なりますが、お客様にとって印象の良い、お手本とされるような自然な美しさを意識したメイクが大切です。
自分の肌質や年齢に合ったコスメを選ぶことも重要ですので、美容のプロであるエステティシャンとしてふさわしいメイクを心がけましょう。

大阪のメンズエステ・リラクゼーションサロンをエリアから探す

リフナビ大阪編集部

筆者 リフナビ大阪編集部

メンズエステ・リラクゼーションサロンの地位向上のために、お客様が安心・安全にマッサージを受けられるように、リラクゼーションサロンに関する情報を発信しています。

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. メンエスで働く
  4. エステティシャンに求められるメイクとは?メイクのポイントをご紹介