メンズエステ勧誘の上手な断り方!契約したときの対処法も解説

ようこそ、ゲストさん

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ

今行きたい、人気のメンズエステ

掲載店舗 キャンペーン クーポン
899 397 680

RSS

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. メンズエステについて
  4. メンズエステ勧誘の上手な断り方!契約したときの対処法も解説

メンズエステ勧誘の上手な断り方!契約したときの対処法も解説

更新日: 2024-02-26メンズエステについて
メンズエステ勧誘の上手な断り方!契約したときの対処法も解説

メンズエステを利用する方は増加傾向にあります。
男性も美容に対する意識が向上していることが大きな要因でしょう。
しかし、はじめてメンズエステを利用するのは勇気がいると考える方も少なくありません。
体験などで利用した店舗からしつこく勧誘されるかもしれない。と考えている方も多くいます。
そこで本記事では、メンズエステ勧誘の上手な断り方をご紹介していきます。
どんな言葉で勧誘を断ればいいか理解できますので、勧誘を断れるか不安な方でも安心してメンズエステを利用できるでしょう。

メンズエステ勧誘の断り方4選

勧誘を断るときには「きっぱりと断る」のが最善の対処法です。
曖昧な態度で断ってしまうと、営業担当者からしつこく勧誘されることにつながりやすくなります。
隙を与えない主な断り方は次の4つです。

  • 即決できないことを伝える
  • 自分の独断で決められないことを伝える
  • 自分で判断したいと伝える
  • 手持ちのお金がないことを伝える

それぞれの方法について、断り文句もあわせて詳しく解説します。

即決できないことを伝える

即決を迫られているときには、その場で契約できなことを伝えましょう。
断り文句としては「他のサロンと検討するため、ここでは決められません。」でOKです。
「今契約してくれれば特別なサービスが受けられます」と言われても、強い意志を持って断ることが重要です。
ここで揺らいでしまうと、隙を与えることにつながります。
他のサロンの名前を聞かれた場合は、適当な名前を答えたり忘れたふりをしたりすると良いでしょう。

自分の独断で決められないことを伝える

自分の独断で決められないことを伝えて断るのも有効的です。
既婚者の場合は、妻の許可がなければ契約できないと伝えるのも良いかもしれません。
断り文句としては「家族の許可がないと契約できない。」でOKです。
自分の判断だけでは決められないと強くアピールするのが重要です。
何を言われてもその場で契約ができないと思わせることで、上手く勧誘を断れます。

契約するかは自分の判断で決めると伝える

独身の方などの場合は、自分の判断で決めると伝えましょう。
しつこく勧誘してくる営業担当者には、この断り方が有効的です。
断り文句としては「過去に即決して失敗したので、即決は絶対にしない」でOKです。
自分の決めているルールがあることを強く押せば、「自分のルールなので」と断れます。
契約を持ちかけられた段階で素早く対処するのが良いでしょう。

手持ちのお金がないことを伝える

そもそもお金がなければ契約できません。
そのため、「クレジットの審査が通らない。」など、支払い能力がないことをアピールするのも効果的です。
「本当に断りたい」「契約する意思がない」なら、過去にブラックリストに載っていると伝えるのも良い手段です。
現金支払いで契約したとしても、追加のオプションやプランなどの勧誘を受けにくくなるでしょう。
「お金はないけど契約したい」などと隙を与えると、ローンを組むように促されるかもしれません。
打開策が出せないような理由を前面に出し、上手く断りましょう。

万が一断れないときの対処法【クーリングオフ制度】

強引な勧誘を断り切れずに契約してしまった場合は「クーリングオフ制度」を活用しましょう。
クーリングオフ制度とは、一定期間内であれば結んだ契約を解約できる制度のことです。
強引な勧誘による契約もクーリングオフの対象となるため、積極的に活用するのがおすすめです。
なお、解約金が発生したり、手続きに費用が発生したりするなどのデメリットは生じません。
ただし、クーリングオフ制度を利用するときには次の条件を満たす必要があります。

  • 契約金額が5万円を超え、契約期間が一カ月を超える
  • 契約書面が交付されてから8日以内に申請する

クーリングオフ制度を利用すると、解約の旨を記した書面を相手の手に渡した時点で解約が成立します。
無理に契約させられたメンズサロンへ解約の旨を記した書面を送付すれば手続きは完了するのです。
なお、解約書面を相手に送付した証明を残すために「内容証明郵便」を利用しましょう。

参考:クーリングオフ制度とは?|総務省消防庁

勧誘トラブルを防ぐなら見極めが重要

強引な勧誘やしつこい勧誘は非常に多いトラブルです。
メンズエステに関する口コミサイトを見ても、勧誘トラブルに関する書き込みは非常に多くあります。
「しつこい勧誘が迷惑」「強引な勧誘で断り切れずに契約してしまった」などの口コミも多く確認できます。
口コミだけを確認しているとメンズエステは勧誘がしつこい場所であると認識してしまうでしょう。
しかし、全てのメンズエステがしつこい勧誘をするわけではありません。
優良サロンであれば、きちんと顧客の考えを優先してくれます。

優良なメンズエステの見極め方

優良なメンズエステであるか見極めるには、アフターカウンセリングの際に判断しやすいです。
メンズエステの入会を検討しているなら、体験コースなどを受けるでしょう。
アフターカウンセリングとは、施術が終わってから受けるカウンセリングのことです。
今後のスケジュールや、費用などに関する説明をされるのが一般的といえます。
以下で優良サロンと注意が必要なサロンのアフターカウンセリングの際の対応について解説していきます。

優良サロンの場合

最後に契約を持ちかけられたときに断ってから「承知しました。またご連絡をお待ちしています。」 など、すぐに引き下がるサロンなら優良サロンと考えて良いでしょう。
可能なら、カウンセリングの際に「エステを体験してみたいだけです。」と自分の意志をはっきり伝えてみるのもおすすめです。

注意が必要なサロンの場合

契約を断ろうとしているにも関わらず「今始めないと損します」「うちより安いサロンなんか他にないです」など、しつこく契約を迫るサロンには注意が必要です。
メンズエステの強引な勧誘に負けて入会した場合、高いコースへの変更やオプションメニューの追加などを要求されることも考えられます。
サロンに行けば何らかの勧誘をされ、通うのすら嫌になることもあるのです。
どのメンズエステに通うかは、店舗スタッフの態度で決めるのもひとつの方法といえます。

まとめ

最近ではクーリングオフ制度が一般的になり、強引な勧誘も減少傾向にあります。
しかし、完全になくなった訳ではありません。
不要と感じているなら、はっきりと契約しないことをためらわずに伝えましょう。
とはいえ、断ることを前提でメンズエステに行くのはおすすめではありません。
なぜなら、興味がある場合は機会を逃してほしくないからです。
良いメンズエステに出会えると、日々の疲れの解消など大きなメリットがあります。
強引な勧誘によるものではなく「ここに通いたい」と、ポジティブな気持ちで契約できる方が増えれば幸いです。

大阪の出張マッサージ(出張・派遣エステ)を探す 

【関連記事】
メンズエステの効果とは?施術別に効果やメリットをご紹介
【メンズエステ効果】40代男性が老け顔から若返る方法とは

リフナビ大阪編集部

筆者 リフナビ大阪編集部

メンズエステ・リラクゼーションサロンの地位向上のために、お客様が安心・安全にマッサージを受けられるように、リラクゼーションサロンに関する情報を発信しています。

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. メンズエステについて
  4. メンズエステ勧誘の上手な断り方!契約したときの対処法も解説