エステティシャンに向いているのはどんな人?向いている人・不向きな人の特徴を解説

ようこそ、ゲストさん

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ

今行きたい、人気のメンズエステ

掲載店舗 キャンペーン クーポン
798 367 664

RSS

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. メンエスで働く
  4. エステティシャンに向いているのはどんな人?向いている人・不向きな人の特徴を解説

エステティシャンに向いているのはどんな人?向いている人・不向きな人の特徴を解説

更新日: 2024-01-22メンエスで働く
エステティシャンに向いているのはどんな人?向いている人・不向きな人の特徴を解説

華やかなイメージのあるエステティシャンに憧れ、なりたいと目指している人は少なくありません。
しかし、全身美容のプロフェッショナルであるエステティシャンを目指す際、自分の向き不向きが気になりますよね。
今回は、エステティシャンに向いている人・不向きな人の特徴を詳しく解説していきます。

エステティシャンに向いている人の特徴

エステティシャンとして美容業界で力を発揮できる人には、共通の特徴があります。
どのような人がエステティシャンに向いているのか、チェックしていきましょう。

美容に興味・関心がある

「美しくなりたい」という思いを持ってエステサロンへ足を運んでいるお客様に信頼してもらうためには、自分自身がそれ以上の美意識を持っている必要があります。
お客様のお手本となるエステティシャンは、美容のプロとして常に新しい情報を提供できなければなりません。
美容に対して興味・関心を持ち、日々勉強する姿勢が大切です。
エステの技術や美容のトレンドは、時代のニーズに合わせて変わっていきます。
常に美容に関するアンテナを張ることは、エステティシャンに必要なスキルの上達につながります。

人と接するのが好き・聞き上手

エステティシャンは接客業でもあるため、お客様との適切なコミュニケーションは必須です。
エステサロンに来るお客様は、美容に関する知識やエステの施術について詳しく知りたい人、体の不調から何気ない世間話まで話を聞いてほしい人などさまざま。
相手の様子からその日の体調や感情を察知し、悩みに寄り添った丁寧な対応が求められます。
お客様が日頃から感じている悩みを会話の中で聞き取ることで、要望に沿った施術を提供できます。

体力がある

エステティシャンは華やかな印象がありますが、実は体力がないと務まらないお仕事です。
ボディエステでは全身を揉みほぐしたり、腕の力を使ったりと力が必要な施術もあります。
施術中には前かがみの姿勢になることが多く、長時間の勤務に耐えることのできる体力が必要です。
予約が多く入るとなかなか休憩を取ることができない場合もあるため、数時間立ちっぱなしで施術をすることも。
また、勤務時間が不規則であることが多いため、体調を崩さないためにも体力が必要です。

向上心がある

美容の分野では、日々技術や知識がアップデートされています。
新たなエステ機器の情報を得たり、施術メニューを変更したりと、お客様に効果的な施術を提供するために常により良いものを求め続ける姿勢が大切です。
学ぶ意欲をもって最新の技術を追い求めることで、より高度なサービスを提供できるエステティシャンを目指すことができます。

人のために頑張ることができる

お客様の笑顔や、施術に満足していただくことに喜びを感じられる人は、エステティシャンに向いています。
心地良いサービスを提供するために努力し、美しくなりたいという人のために頑張る姿勢は施術を通してお客様に伝わるものです。
じっくりと要望や悩みを聞き取り、施術の成果を一緒に喜ぶ姿は、お客様に次も指名したいと思わせるはずです。

エステティシャンに不向きな人の特徴

ここではエステティシャンに不向きな人の特徴をご説明します。
ただし、以下でご紹介する特徴に当てはまったからといって、エステティシャンになることを諦める必要はありません。
エステティシャンとしての資質向上のために、ぜひ参考にしてください。

美容に興味がない

エステサロンに足を運ぶお客様は、美しくなりたいという思いやさまざまな美容の悩みを抱えています。
そのお客様の対応をするエステティシャンが美容に興味がないのでは、会話の内容や美容に関するアドバイスにも説得力がなくなってしまいます。
お客様の見本となるエステティシャンが自分自身の美容に無頓着だと、お客様の気持ちに寄り添った接客ができません。
中にはエステティシャンとして働く中で美容に興味を持ち始める人もいますが、まったく美容に興味が持てないという人は、違う職業に就くことも選択肢に入れたほうが良いかもしれません。

共感力・コミュニケーション能力が低い

お客様の悩みに親身になって向き合い、目標達成のためにどうしたら良いのかを一緒に考えながら施術を提案していくこともエステティシャンの重要なお仕事です。
共感力やコミュニケーション能力が低いと、勇気を出して悩みを打ち明けたお客様に不快な思いをさせてしまうことも。
相手の思いや悩みの背景を汲み取った対話をすることができないと、お客様に心を開いてもらうことは難しいでしょう。

向上心がない・新しいことへの挑戦が苦手

美容業界は常に新しい情報が飛び交い、進化し続けています。
保守的になり既存の施術方法や美容情報に囚われていると、他店に差をつけられてしまう要因にもなります。
また、新しい知識を取り入れて挑戦することが苦手な人は、エステティシャンとしての技術の向上や自己成長の機会が他の人よりも少なくなると言えるでしょう。
お客様に満足してもらうためには、自分磨きを怠らずにスキルアップを図ることが必須です。

体力がない

エステティシャンは長時間立ったままで施術をすることが多く、休憩をあまり取れずに次のお客様の指名が入る場合もあります。
また長時間の立ち仕事に加え、施術メニューによっては力が必要なこともあるため、体力に自信がない人はエステティシャンに不向きであると言えます。
ただし、脱毛やフェイシャルエステにはあまり力が必要ないため、体力が無くてもエステの種類によっては自分の力を発揮できることもあります。

エステティシャンに必要なスキルと、身に付けるためのポイントは?

カウンセリングを受ける女性

エステティシャンとして質の高いサービスを提供するためには、いくつかの必要なスキルがあります。
これらは自分自身の努力によって身に付けることができるため、向き不向きに関わらず自分の能力を高めることへつながります。

美容に関する知識を深める

エステティシャンはお客様の肌に直接触れて体のケアをする仕事であるため、美容に関する深い理解と知識が必要です。
美容に関する理論をいくつかご紹介します。
以下のような項目について理解を深めると、お客様の悩みを解決するための適切なアドバイスが可能になります。

・皮膚科学
施術後の肌トラブルに対応するためには、皮膚の構造や肌の構造を理解することが必要です。

・栄養学
美しく健康的な体づくりのためには、食事面からのアプローチも大切です。
栄養の基礎を身に付け、お客様の内面からケアしていきましょう。

・解剖生理学
正常な体の構造や機能、生体の正常な働きの基本を学ぶことで、美しさと健康を維持するための知識が深まります。
また、筋肉や骨格の構造を学ぶことで、より質の高い技術を習得することにつながります。

・化粧品学
エステティシャンとして化粧品を使いこなすためには、成分や特性について理解していることが大切です。
お客様の肌に合った施術を提供するためにも、化粧品について知識を深めカウンセリングに活かしましょう。

コミュニケーション能力を身につける

心地良い接客のためには、お客様と円滑にコミュニケーションをとることが求められます。
また、カウンセリングの際にお客様から悩みを引き出し、適切な施術を提供するためにも必要なスキルです。
いくつかのポイントを押さえて、お客様に信頼してもらえるコミュニケーション能力を身に付けましょう。

・相手の話を聴く姿勢
話している相手の話に興味を持ち、尊重する姿勢が大切です。
また、相手の言いたいことを最後までしっかり聴き、質問をしたり繰り返したりと確認をしながら理解を深めましょう。

・適切なタイミングの相槌
相手の話を聴いている際の表情なども意識しながら、適切なタイミングで相槌を打つことも気持ちよく話を進めることができるポイントです。
相手の言葉に被せて先回りをしたり、途中で遮ることのないよう気を付けましょう。

・言いたいことを伝える力
相手に伝わるようゆっくりと話し、わかりやすく簡潔に伝えることが大切です。
声に抑揚を付けることも相手に伝える手法として効果的です。
聴く・話すのバランスを考えて、自分ばかりが話しすぎないようにしましょう。

自分自身を磨く

自分自身を磨くことは、華美な服装をしたり外見を美しく飾ることではありません。
お客様のお手本として見られていることを意識し、お客様に安心して施術を受けていただくため、美容のプロとして自分自身を磨きましょう。

・爪
お客様の肌に直接触れるお仕事ですので、傷つけてしまうことがないよう短く切りそろえ、やすりで丸く整えましょう。

・服装
派手な色合いやきらびやかな服装は適していません。
動きやすさと清潔感を重視した服装を選びましょう。

・メイク、スキンケア
肌が綺麗に見えるよう、自分自身の肌のお手入れにも気を使いましょう。
メイクは濃くならないよう、ナチュラルメイクがおすすめです。

・髪型
ヘアスタイルはアップスタイルで清潔な印象を与えることができます。
髪の毛が垂れてしまうと、だらしない印象になってしまうため注意が必要です。
動いても崩れにくい髪型を意識しましょう。

まとめ

今回はエステティシャンに向いている人、不向きな人の特徴をご紹介しました。
不向きである特徴が当てはまっても、向いている人の特徴から必要な資質を理解してぜひ自分の能力を高める参考にしてみてください。

大阪のメンズエステ・リラクゼーションサロンをエリアから探す

リフナビ大阪編集部

筆者 リフナビ大阪編集部

メンズエステ・リラクゼーションサロンの地位向上のために、お客様が安心・安全にマッサージを受けられるように、リラクゼーションサロンに関する情報を発信しています。

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. メンエスで働く
  4. エステティシャンに向いているのはどんな人?向いている人・不向きな人の特徴を解説