今ちゃんの「実は・・・」で紹介!知られざる最新グルメが席巻!千日前エリア「あかし湯」

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
899 357 644

RSS

今ちゃんの「実は・・・」で紹介!知られざる最新グルメが席巻!千日前エリア「あかし湯」

更新日: 2017-12-25銭湯特集
今ちゃんの「実は・・・」で紹介!知られざる最新グルメが席巻!千日前エリア「あかし湯」

2017年9月13日(水)「今田知らない大阪・銭湯中心の千日前の夜は実は」で紹介された銭湯は、ミナミの繁華街にあり創業以来大阪ミナミの街を見守り続ける「あかし湯」。創業67年になるあかし湯は、ミナミの繁華街ど真ん中の宗右衛門町にある昔ながらの銭湯です。深夜まで賑わう眠らない街・ミナミの繁華街にあることもあり、営業時間が正午から深夜3時半までと、なんばエリア特有の営業時間に合わせた深夜営業スタイルで、ミナミの繁華街周辺で働く方々が仕事終わりに立ち寄ったりまた千日前エリアにあるなんばグランド花月で舞台を終えた吉本芸人さんたちの憩いの場としても親しまれています。
銭湯の設備はというと、見た目より内装は古くなく、全体的に清掃が行き届いた清潔感のある印象。脱衣所は木調でぬくもり感があり、広々としているため想像以上に居心地が良いです。お風呂の種類も豊富で、主浴槽、電気風呂、超音波風呂、ラドン、寝風呂、水風呂、サウナなど一つの銭湯で実に様々なジャンル風呂を満喫出来ます。
あかし湯は地下鉄堺筋線・千日前線の日本橋駅から徒歩7分ほどのところにあり、なんばや心斎橋、長堀橋からも徒歩圏内というまさにミナミの中心にある銭湯です。宗右衛門町界隈は飲食店が集積しており、B級グルメから隠れた名店まで幅広く展開中の観光スポットですので、大阪グルメを堪能した後や、あかし湯の近隣にあるなんばグランド花月でお笑いの舞台を楽しんだ後にふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。界隈で働いている常連さんも多いので、もしかしたら地元ならではの貴重な話がきけることがあるかもしれません。ディープな大阪の文化を知るにも、もってこいの銭湯です。

千日前エリアは、西側にはなんば駅、北側には道頓堀や心斎橋駅を擁する大阪の中でも有数の繁華街・観光スポットとして人気を博している、いわゆる「なにわ」感のある大阪の主要エリアです。また、千日前エリアにはなんばグランド花月(NGK)があり、よしもと芸人さんのお膝元でもあります。なんばグランド花月周辺では舞台終わりの芸人さんたちと遭遇したり、吉本新喜劇出演者の着ぐるみがお出迎えしてくれたり、若手のお笑い芸人さんたちがチケットを手売りしていたりと、芸人文化の根付いている大阪ならではの光景が垣間見ることが出来ます。また、グリコ看板やかに道楽などのフォトジェニックスポットが点在する道頓堀界隈を東側に進んでいくと、なんば千日前通に行き着きます。創業60年以上の歴史がある千日前通は日々多くの人々で賑わいを見せており、飲食店やパチンコ店などでその多くは構成されていることから全体的に雑多な雰囲気を醸し出しています。下町感の漂うエリアですが、そのディープな街並みの中にはコアなファンのみが知る名店や地元住人だけが知る行きつけ店などがひっそりと息を潜めており、それらを見つけるのもちょっとした宝探しのようで楽しくもあります。さらに、なんばグランド花月から南側へと足を伸ばせば、「道具屋筋」(千日前道具屋筋商店街)といってプロ専用の業務用厨房道具や食器などが売られているエリアに行き着きます。その中で特に注目度の高いものが、訪日のお土産として大変人気である「食品サンプル」です。そのリアルさと日本独自の精巧技術の結晶は、スイーツやお寿司、天ぷらなどなど多種多様な形で売られており、未だその人気には衰えがありません。
千日前エリア周辺には、TOHOシネマズなんばや先述したなんばグランド花月など観劇施設や味園ビルなどといったレジャービルなどが集積していることでも知られ、ミナミ観光と共に大阪らしいディープスポットにも触れることが出来る点が嬉しいポイントです。

道頓堀近くには観光客にも大人気の大阪グルメが多数集積しており、特に宗右衛門町から千日前周辺エリアは多種多様な飲食店が遍在しています。インパクト大の看板を掲げる店舗や、外観こそこじんまりとしていますがとびきりの料理を提供している隠れた名店、こなもんの大阪文化を代表する店、観光に来たら一度は訪れたい店など、さすがくいだおれの街大阪!と言わしめるような見ても楽しい、食べてもおいしい数々のグルメ店がひしめき合っています。こなもん代表のお好み焼きやたこ焼き、二度付け禁止文化で有名な大阪ソウルフードの串かつ、実は名店が多い焼肉、訪日観光客に大人気の鉄板焼き他大衆居酒屋やラーメン屋など、他ジャンルに及ぶB級グルメからビブグルマン認定グルメを幅広く擁するため、食を満喫するのにも大変適したエリアです。
また、千日前エリアを東側に抜けた日本橋エリアの先に足を伸ばすと、天下の台所として知られる古くからの大阪の食文化を支えてきた黒門市場に行き当たります。プロの料理人も仕入れのために訪れるというこの食材の宝庫は、同時にそれらの新鮮な食材を使った料理を食べ歩き出来る場として人気を集めています。刺し身や海鮮丼、おでん、肉、惣菜・・・ここでしか味わうことが出来ないグルメも是非確かめていただきたいところです。グルメだけではなく、活気あふれる大阪特有のヒューマニティーも味わえるのでオススメです。
さらに、千日前通~堺筋界隈は昔ながらの店が展開していましたが、近年ではその郷愁感漂う雰囲気とレトロ感に注目が集まるとともに高騰するなんば~心斎橋界隈の賃料に比べ比較的安価な賃料がきっかけとなり続々と新しい飲食店が進出。今や大人気のエリア・通称「裏なんば」を形成するに至っています。
そんなグルメな街・千日前エリアでは現在”一大カレー旋風”が巻き起こっているということで、番組内でも取り上げられた注目カレー店をご紹介します。

クミン(Cumin)】食べログ ★3.56
大阪松竹座の楽屋口スグ前にあるオシャレな店構えが印象的な店。カレー&ワイン料理が女性に大人気の店です。主人は夙川の一流イタリアンを修行し独立した確かな腕の持ち主。イタリアの伝統料理であるスカロッピーネをアレンジしたなにわポークのスカロッピーネは、豚肉をカリカリにソテーしたワインとの相性抜群の一品。他にもなにわポークロース肉のカツレツ特製トマトソースや、肉の旨味がぎゅっと凝縮した自家製ボロネーゼ、本日の魚介のタルタルガスパチョと和牛メンチカツカレーサンドなど、本格的なイタリアン料理が楽しめます。オススメはショートパスタDEカレー。カレーにもこだわっており、野菜・果物などをじっくり煮込み、スープに約15種類のスパイスをブレンド。なにわポークミンチとあわせた特別感のあるパスタです。

ノムソンカリー】食べログ ★3.55
店主は二年間毎日カレーを食べ歩き、研究を重ね二年前に店をオープン。プリマ旦那 野村さんのお兄さんが店主をつとめています。毎朝5時からその日に使うスパイスを丁寧に挽くこだわりよう。愛×カリー(あいがけカリー)は二種類のカレーが楽しめるメニューで大人気。鯛のあら炊き出汁キーマはルーの基盤となる出汁に美味しさの秘密が。利尻昆布・カツオからとった出汁に炙った鯛のお頭、そこに合い挽きミンチを入れさらにレッドチリなどの17種類のインド産スパイスを投入。最後に鯛のほぐしを合わせた絶品料理。魚介類の深い味わいと旨味がしっかりとベースとなった出汁とスパイスのきいたキーマカレーです。もう一種類のカレーは、魚介豚骨油かすカリーは、豚骨ベースの濃厚味わいベースに、魚介の旨味をきかせたクリーミーな美味しさ。他にもスモーク鰯と帆立のカリーや青椒キーマ、野村さん家のチキンカリーなどメニューも豊富。

メシクウタン】食べログ ★3.53
店主のカレー好きがこうじて4年前にオープンした店。二種類(アサリと蟹のカレー&チキンカレー)のカレープレートや、ルーに抹茶をブレンドした抹茶ポークカレー、カレーうどんなどスパイスにこだわった人気メニューがズラリ。中でも夏限定メニューとして注目されているのが冷やしカレー肉そば。紅葉おろしがのりさっぱりなのにカレーの濃厚な旨味も感じられるカレー肉そばです。カレーはタマネギ1キロを炒め、生姜・トマトと店主自ら挽いた15種類のスパイスに鶏肉をあわせたもの。水は一切使わず、鶏肉の水分だけで完成させたカレーなので味が濃縮されたなかなか他では味わうことの出来ない特別なカレーです。甘辛く炊いた和牛、紅葉おろしをのせて、さっぱりいただける人気メニューは、カレー業界からも注目度の高い一品です。

※★は2017年9月27日時点の評価です。

大阪のディープスポットと呼ばれる場所は多々あれど、個人的にはそのエリアに根付いた古き良き面影を残した商店街や、繁華街から一本奥まったところにあるだけで異世界感が感じられる路地などは特別ディープスポット感を感じます。今回ご紹介した千日前エリアもまた然りで、観光スポットの先にある昔ながらの通りや商店街特有のディープ感や地元感、人情味、目では見ることの出来ないぬくもりなどを体感出来る点に魅力を感じてしまうものです。
大阪ミナミには、特に観光スポットと呼ばれる場所がたくさんあります。訪れた際には是非、界隈にも足を伸ばして見て下さい。そこにしかないディープなローカルな空気に触れることで、観光スポットだけではないその土地土地の良さと魅力が見えてくることと思います。

過去に【今ちゃんの「実は・・・」】で紹介された銭湯一覧はコチラ
男性歓迎の大阪・千日前エリア周辺マッサージ店一覧はコチラ
男性歓迎の大阪・千日前エリア周辺の出張マッサージ店一覧はコチラ

筆者: コラム担当 井上