大阪を観光するならグルメもショッピングもお笑いも楽しめるミナミエリアがオススメ!

ようこそゲストさん

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
990 457 854

RSS

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. 地域情報
  4. 大阪を観光するならグルメもショッピングもお笑いも楽しめるミナミエリアがオススメ!
←前の記事次の記事→

大阪を観光するならグルメもショッピングもお笑いも楽しめるミナミエリアがオススメ!

更新日: 2021-12-31地域情報
大阪を観光するならグルメもショッピングもお笑いも楽しめるミナミエリアがオススメ!

日本国内でも、有数の観光地である大阪に遊びに行くのであれば、「エリア別」に足を運ぶ観光スポットを検討するのがオススメです。大阪観光では、ディズニーと並ぶテーマパークのユニバーサルスタジオジャパンを目的とする方も多いのですが、単純に大阪ならではのグルメや文化を楽しみたいのであれば、きちんと観光の工程を決めて交通手段なども調べておいた方が良いです。というのも、大阪の観光エリアは、市内だけに注目しても「キタ・中之島エリア」「ミナミエリア」「ベイエリア」「大阪城エリア」「天王寺・阿倍野エリア」と、大きく5つに大別できます。そして、それぞれの観光エリアがそれなりに離れていることから、「どこから順にまわるのか?」を決めておかなければ、移動に無駄な時間がかかってしまい、行きたいところにほとんど行けなかった…なんてことになりかねません。

この記事では、新型コロナウイルス問題が落ち着いてきた現在、「大阪観光に行ってみようかな!」とお考えの方に向け、大阪のグルメやお笑い文化を思う存分楽しめる『ミナミエリア』の観光スポットを中心にご紹介していきます。

大阪の流行の発信地といわれるミナミエリア

冒頭でご紹介したように、大阪はいくつかのエリアに分けて、観光を楽しむという考えを持っておいた方が効率的に楽しむことができます。その中でも「ミナミエリア」は、心斎橋や難波、道頓堀などの繁華街全体を指しています。ちなみに、最近はテレビ番組などの大手メディアでも、「ミナミ」という呼び方を使っていますが、実際には「ミナミ」という地名はなく、地元の方が使う愛称のようなものです。
大阪のミナミエリアには、グリコの看板や巨大なカニの立体看板などがあり、全国的にも有名な観光スポットになっています。ここでは、ミナミエリアを観光する際に、ぜひ足を運んでいただきたい観光スポットをご紹介します。

心斎橋筋商店街

大阪のミナミエリアの中でも、ショッピングを目的としているのであれば、心斎橋筋商店街や後述するアメリカ村がオススメです。
心斎橋筋商店街は、全長が約600mもある非常に長い商店街で、さまざまな店舗が立ち並んでいるうえ、アーケードのある商店街ですので雨の日でも問題なく楽しむことができます。この商店街の中には、大手百貨店をはじめとして、ファッショアイテムをそろえた店舗が集積していますので、大阪に住んでいる方もよくお買い物に訪れるスポットです。さらに、大阪ならではのドラッグストアがたくさん出店していて、他の地域よりもかなり安売りされていることから、海外からの観光客の方がまとめ買いをしている姿をよく見かけます。
なお、心斎橋筋商店街のすぐそばには、写真スポットで有名な「グリコの看板」や「かに道楽」があります。心斎橋筋商店街に足を運ぶなら、大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」で下車して、徒歩約5分ぐらいです。

大阪アメリカ村

アメリカ村は、大阪の中でも若者が集まるエリアとして有名です。実際に、大阪の流行の発信地がアメリカ村といわれていますので、大阪観光に訪れた際は、ぜひ足を運んでみましょう。
アメリカ村は、古着屋やレコード店などが立ち並ぶエリアで、地元の方からは「アメ村」という愛称で親しまれています。ちなみに、アメリカ村と呼ばれているのは、この周辺でアメリカ西海岸から輸入された古着や雑貨などが売られ始めたことがきっかけだといわれています。
基本的には、こぢんまりとしたショップの中で、所狭しとさまざまな物が売られているので、いろいろなお店を巡っているだけでも楽しめると思います。また、アメリカ村の中心には三角公園と呼ばれる小さな公園があり、フリーマーケットなどが開催されていることもあるので、大阪に来たときにはのぞいてみましょう。アメリカ村も、大阪メトロ御堂筋線の「心斎橋駅」が最もアクセスしやすいです。

道頓堀

大阪ミナミエリアは、ショッピングだけでなく、大阪のソウルフードも楽しめるスポットが存在します。それが『道頓堀』です。大阪のグルメを楽しみたいのなら、道頓堀がオススメです。
道頓堀には、さまざまな飲食店が立ち並んでおり、たこ焼きに串カツ、お好み焼きといった大阪ならではの名店が集まっています。さらに、大阪の観光スポットとして有名な「グリコの看板」や「かに道楽の巨大なカニ看板」も道頓堀にありますので、大阪グルメを楽しむついでに記念写真を撮影できます。なお、朝ドラファンの方であれば、『おちょやん』のモデルになった松竹座もあるので、ぜひ訪れてみましょう。
アクセスについては、心斎橋筋商店街を歩いて道頓堀に行くのもオススメですし、大阪メトロ御堂筋線の「なんば駅」が最も近いです。

なんばグランド花月

大阪といえば「お笑い!」というイメージが非常に強いですよね。現在では、全国ネットのテレビ番組にも、大阪出身の芸人がよく出演していますし、お笑い鑑賞を目的に大阪観光に来るという方も多いと思います。
そして、お笑いを目的に大阪観光に行くのであれば、絶対に外せないのが「なんばグランド花月」です。なんばグランド花月では、漫才や新喜劇を楽しむことができ、1回の公演となる約2時間の中では、テレビで見るような有名芸人が出演することも珍しくありません。近くには、若手芸人がたくさん出演する『よしもと漫才劇場』もありますので、大阪のお笑い文化を思いっきり楽しみたいならぜひ足を運んでみましょう。
アクセスは、大阪メトロのなんば駅が最も近く、徒歩3分程度です。

法善寺横丁

ミナミエリアの中で、異質でノスタルジックな雰囲気のある場所として人気なのが法善寺横丁です。昭和初期の小説『夫婦善哉』に登場することから、読書好きの方の中には小説の現場を見たいと考えて訪れる方も多いようです。
ミナミエリアは、大阪の中でもガヤガヤと賑やかな場所が多いイメージですが、法善寺横丁はそのような喧騒とは対照的で、風情のある雰囲気を楽しむことができます。石畳の路地裏に存在する横丁では、大阪の隠れた名店が軒を連ね、名店ならではのグルメが楽しめますので、ミナミエリアに足を運んだ際にはぜひ行ってみましょう。基本的には夜の方が雰囲気を楽しめますが、昔ながらの喫茶店などもありますので、昼間に訪れてもノスタルジックな気分に浸ることができると思います。

ミナミエリアは観光の疲れもその日に癒やせる!

今回は、大阪の人気観光スポットの中でも、ミナミエリアを中心にぜひ足を運んでみてほしいスポットをご紹介してきました。冒頭でご紹介したように、大阪の観光スポットは、いくつかのエリアに分かれており、それぞれのスポットがある程度距離があることから、予定をたてずに行動していると、「行きたいところに全く行けなかった…」なんてことになりかねません。ちなみに、ミナミエリアが大阪の中でもオススメなのは、ショッピングもグルメも、大阪の文化であるお笑いも集積した場所なので、ミナミエリアだけでも1日では時間が足りないほど、充実感を得られる場所になるからです。

なお、大阪のミナミエリアは、ショッピングを楽しんだり、グルメを楽しむため、それなりに徒歩で移動する必要がある場所です。したがって、一日中大阪観光を楽しんだ後には、足腰に疲れが予想以上にたまっていることでしょう。特に、次の日にユニバーサルスタジオジャパンに行く予定などを立てていれば、テーマパークを思いっきり楽しめなくなってしまう恐れもあるので、できるだけその日のうちに疲れを癒やすようにするのがオススメですよ。なお、ミナミエリア周辺にホテルをとっているのであれば、ミナミエリアには深夜まで営業しているメンズリラクゼーションサロンが多く集まっているので、そういったお店でリラクゼーションマッサージ施術を受けておくのも良いのではないでしょうか?
ホテルに帰る前に疲れを癒やす施術を受けておけば、次の日の観光も体調が万全の状態で行動ができるようになるはずですので、一日の工程に入れておくのがオススメです!

心斎橋のマッサージ店はコチラ
なんば・日本橋エリアのマッサージ店はコチラ

まとめ

今回は、大阪の観光名所の中でも、大阪の文化とグルメ、ショッピングを一度に楽しむことができるミナミエリアの人気スポットをご紹介してきました。
大阪に訪れたことがない方でも、アメリカ村や心斎橋などという言葉を耳にしたことがあると思います。大阪の観光の中心は、「キタ」と「ミナミ」に分かれていて、ミナミエリアの方がより大阪の下町感を体験できます。特に、近年ではお笑い好きの方が増えていますし、大阪の文化である『お笑い』を楽しむのなら、ミナミエリアに足を運ぶのがオススメですよ。

筆者: コラム担当 御厨

  1. リフナビ大阪
  2. リフナビ大阪コラム
  3. 地域情報
  4. 大阪を観光するならグルメもショッピングもお笑いも楽しめるミナミエリアがオススメ!