今ちゃんの「実は・・・」で紹介!路地裏グルメ人気の地に根付く「生駒湯」

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
855 311 598

RSS

今ちゃんの「実は・・・」で紹介!路地裏グルメ人気の地に根付く「生駒湯」

更新日: 2016-03-18銭湯特集
今ちゃんの「実は・・・」で紹介!路地裏グルメ人気の地に根付く「生駒湯」

2016年3月16日(水)「今田知らない大阪・銭湯中心の昭和町の夜は実は・・・」で紹介された銭湯は、昔ながらの商店街や長屋、大きな池が自慢の桃ヶ池公園等を有するどこかノスタルジックな雰囲気をかもし出す昭和町に溶け込んだ銭湯「生駒湯」。
昭和町エリアは、多ジャンルの商店が連なる文の里商店街や、昭和駅前にはコンビニ・スーパー、飲食店等が点在する、住宅街としても人気の高いエリアです。有形文化財として登録された「どっぷり昭和町」イベントでもおなじみの、4つの飲食店からなる長屋も見所の1つ。
更に、最近では次世代グルメスポット「昭和町の路地裏」が注目を集め、隠れた名店や常連さんが集う人気の飲食店が多数展開しており、食通やグルメな人々からも熱視線を浴びています。

「生駒湯」は、銭湯では珍しいマンションの一階部分に店を構えた銭湯で、今年で創業29年の歴史を持つ銭湯。どこかレトロな雰囲気を残す生駒湯は、昭和町の路地裏グルメを満喫しに訪れる人々や、地元の方々からも大変重宝されており、地下鉄御堂筋「昭和町駅」からも徒歩10分と、アクセス至便さもあいまってふらりと気軽に立ち寄れる点が長年愛され続けている理由の1つです。
そんな生駒湯内の温浴設備は、打たせ湯、ラドン温泉、泡風呂、ジャグジー風呂、電気風呂、水風呂、スチームサウナ等々、幅広いお風呂の種類があり多ジャンルのお風呂を楽しむ事が出来ます。
中でも注目なのは、世にも珍しい「渦巻き風呂」というお風呂。中央部分に鎮座する円形の浴槽は存在感抜群で、こちらのお風呂はゆるやかに水流がぐるぐると渦巻き状に流れています。流れるプールのお風呂版とも言うべきでしょうか、「人間洗濯機」と呼ぶ人もいるそうで、サバンナ高橋さんも番組中に渦巻き風呂を試していました。流れに身を任せていると、リラックスした気分になれる、と常連さんからも長く親しまれているお風呂だそうです。

番組中では、天王寺駅周辺の再開発に伴い今大注目のエリアとして昭和町エリアのグルメスポットもいくつか紹介されています。

ふきのとう】食べログ ★該当なし
常連さんは必ず注文するという「とろとろハンバーグオムライス」は絶品。とろとろ卵に秘伝の梅酒入りデミグラスソース×醤油ソースのコンビが最高にマッチ。店主は修行の為一旦お店を閉めてこの秘伝のデミグラスソースを開発したというこだわりよう。焼きカレーハンバーグ等他メニューにも存分に秘伝ソースが活かされています。

S.201(エスニーマルイチ)】食べログ ★該当なし
点心メニューが500を超えるという店。中華の名店福臨門で修行を積んだ料理人が作る点心はどれもハイレベル。「海鮮スープ餃子」がオススメで、餃子をくずして食べる度に味が変化していく変り種。点心の極意を詰め込んだ一品。他ももち米あげ餅、しめの豚バラ丼等レベルの高いメニューがそろいます。

ちゃんこ雷光】食べログ ★3.28
昭和町駅前で元力士・雷光山が営むちゃんこ屋。現相撲協会理事長の八角親方が常連で、その八角親方が日本一のちゃんこと絶賛したという名店。ちゃんこ鍋は味噌ベースの出汁に鰯つみれ、サーモン等を入れた石狩鍋風ちゃんこ。30年かけて生み出された出汁に溶け出したバターが深い風味をプラスしてくれます。相撲の化粧まわしが入り口に飾られる等、相撲好きにもたまらない店。

※★は2016年3月17日時点の評価です。

味のあるレトロな表情も残しながも、再開発の進む天王寺駅近くとあって駅前にはスーパー、コンビニ、飲食店等が揃い、落ち着いた下町感の中にも現代の色を感じられるここ「昭和町」。
大通りから一本奥に入った路地裏には隠れ家的雰囲気の名店や、地元の常連さんしか知らないような飲食店、遠くからわざわざ訪れる価値のあるこだわりの店等、多ジャンルにわたり今尚続々とお店がオープンしています。

懐かしさと近代化がバランス良く絶妙に溶け込みあい同居した昭和町エリア。ここ昭和町エリアから、「路地裏グルメ」の人気に火がつく、そんな大きな可能性さえ感じられます。
これを機に、皆さんも大通りから1つ奥道に入って、路地裏にある名店を見つけてみてはいかがでしょうか。自分で新たな名店を開拓するのも、きっと楽しいですよ。あるいは、童心にかえって探検のようなわくわく感を体感してみるのもまた一興です。

過去に【今ちゃんの「実は・・・」】で紹介された銭湯一覧はコチラ
男性歓迎の大阪・天王寺エリア周辺マッサージ店一覧はコチラ

筆者: コラム担当 井上