今ちゃんの「実は・・・」で紹介!大阪のシンボルマーク通天閣の傍近「新世界ラジウム温泉」

最新の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
タグ
掲載店舗 キャンペーン クーポン
879 336 627

RSS

今ちゃんの「実は・・・」で紹介!大阪のシンボルマーク通天閣の傍近「新世界ラジウム温泉」

更新日: 2016-08-05銭湯特集
今ちゃんの「実は・・・」で紹介!大阪のシンボルマーク通天閣の傍近「新世界ラジウム温泉」

2016年8月3日(水)「今田知らない大阪・銭湯中心の新世界の夜は実は…」で紹介された銭湯は、2013年10月30日(水)の同番組でも放送された、今ちゃんの実は常連銭湯、「新世界ラジウム温泉」。
創業64年の長い歴史を誇る通天閣のふもとに店を構える銭湯で、国内外から人気を集めています。
新世界ラジウム温泉は、メディアでの紹介も多数。テレビ番組では常連の銭湯で、情報番組やバラエティー番組、ニュース番組等幅広く紹介されており、書籍や雑誌では、関西ウォーカーや関西情報雑誌、また、新聞でも広く紹介されていることからも、その長い歴史と、地元に根付いてきた庶民的な雰囲気から放たれる郷愁の美を体感することが出来ます。

ラジウム温泉の代名詞にもなっている「ラジウム」とは、フランスのノーベル賞科学者、キュリー夫妻が発見したことでも有名な成分で、微量な放射性物質を含んでいます。人体には害のない、微量な放射線を含む温泉は、身体の細胞を程よく刺激し、良好な効果をもたらすとされています。
ラジウム温泉(放射能泉)とは、ラドン元素・トロン元素を一定量以上含有する温泉のことを指します。ラドンやトロンは、人体の血液や細胞に働きかけ、血行不良や新陳代不良、リュウマチや胃腸疾患、関節痛、神経痛、自律神経の乱れ、喘息や慢性的な気管疾患、肩凝りや通風等々、実に様々な効能が期待できます。そのため、ラジウム温泉やラドン温泉はリハビリや治療の一環(温泉療法)として取り入れられています。
新世界ラジウム温泉の浴場には、鳥取県の人形峠で搾取したラジウム鉱石を沈めているため、通常の温泉ではなかなか味わうことの出来ない、本格的なラジウム温泉を体感することが出来ます。
また、贅沢な高級大島石を使用した露天風呂は、眼前に通天閣を見上げることが出来、銭湯らしからぬ開放感ある空間から普段と違った通天閣を眺められる、いわば「穴場」観光スポット。露天風呂に浸かりながらライトアップされた夜の通天閣を見上げれば、何とも言えない特別感を得ることが出来ます。更に、この露天風呂は水深が通常50センチ平均なのに対し、90センチと倍近く深くなっており、肩までゆったりとお湯に浸かって身体の疲れを癒すのにもってこいの浴槽です。
露天風呂には日本庭園も設置されており、通天閣を擁する観光スポット・新世界のグルメが集結する都会のど真ん中にいながら、洗練された和の風景で癒しを感じることも叶う、まさに「都会の中の隠れ家」的温泉です。

新世界ラジウム温泉や通天閣を有する新世界エリア界隈は、大阪らしいB級グルメの宝庫。明治36年から始まった下町グルメが一堂に会したこのディープなスポットは、「じゃんじゃん横丁」(正式名称は南陽通商店街)と呼ばれる一帯で、天下の台所・大阪らしい庶民的で飾らない、活気に満ちたエリアです。一番有名なグルメは、やはり串カツでしょう。「ソース二度付け禁止!」でも知られる大阪ならではの串カツは、お手頃価格でいろんな食材を食べられるとあって、「だるま」「やっこ」「八重勝」などの有名店ともなると連日行列絶えることはありません。また、「つぼらや」でも有名なふぐ料理も大人気。他にも、どてやき、ホルモン鍋や粉もんなど、新世界に行ったら食べておきたいなにわグルメがズラリ。味を楽しむだけではなく、種種雑多、各店舗の前に鎮座するインパクト大の看板たちにもご注目!これぞ、大阪!といった、派手好きな地域性が反映されたような、まるでお祭りのような様相は、ダイナミックでおおらかな大阪人の性質が、如実に表れているような気さえします。

そんなハイレベルなグルメが集積する「新世界エリア」の中で、新世界を知り尽くす地元の方たちオススメのグルメ店が番組内でいくつか紹介されていましたので、ご紹介したいと思います。

韓国居酒屋 晴-ハレル-】食べログ ★3.05
韓国の最先端グルメを店長が毎回ソウルに帰るたびに情報収集してくるため、いつでも現地トレンドの料理が味わえる名店。イチオシは「チーズフォンデュダッカルビ」。甘辛く煮詰めた鶏肉を鍋の中心に敷き詰め、鍋淵には溢れんばかりのチーズが。鶏肉をチーズに和えて食べる新感覚グルメです。石焼リゾットでしめれば、本場の味が口いっぱいに広がります。ユニークな形の専用鍋にもご注目。

居酒屋あいちゃん 1号店】食べログ ★3.00
中国・重慶出身の明るい美人店主「あいちゃん」の、愛嬌が詰まった接客で、訪れる者皆が虜に。トーク力や愛嬌もさることながら、料理も絶品揃い。オススメの重慶鍋は、20種類スパイスブレンドの四川風味付けで病みつきに。スパイスがうまく調和した、癖になること必至の鍋は食べる価値あり。

瀬川】食べログ ★3.10
北新地の和食店で腕を磨いた店主がオープンした、鉄板焼きのお店。自慢は80種類以上ある多彩なメニューの数々。中でもオススメなのが、程よくイタリアンテイストをミックスさせたお好み焼き・フレッシュトマトとたっぷりチーズのお好み焼き。まるでピザのような味わいと、お好み焼きの食感は斬新の一言。背伸びしすぎず気軽に立ち寄れる隠れ家的雰囲気のお店です。

※★は2016年8月5日時点の評価です。

大阪の定番観光スポット、通天閣を擁する「新世界エリア」。
そのどこか懐かしさを感じる、ノスタルジックな世界感と昭和レトロな街並みは、まさに「大阪らしさ」の象徴。その昔、この地は畑が広がり荒野であったようですが、明治時代以降、「内国勧業博覧会」の開催地となったことから大阪有数の繁華街として発展し、今や人の波が途切れることを知らないほどの盛況地に。大阪のシンボル、通天閣は実は国の有形文化財に指定されているタワーで、フランスのパリの凱旋門とエッフェル塔をモデルにして建設されたといわれており、海外からの注目度も高い観光スポットとして有名です。
通天閣や新世界グルメを満喫したあとには、新世界ラジウム温泉で疲れを癒すと共に、観光で見た姿とはまた違った視点の、露天風呂から見える通天閣を眺めて、大阪のシンボルタワーの様々な表情を楽しんでみてはいかがでしょうか。
新世界ラジウム温泉は地下鉄堺筋線「恵比須町駅」から徒歩3分、貸タオル・貸バスタオル・入浴料込みでワンコインぽっきりの500円キャンペーンを今なら実施中です。更に創業以来50年以上続いている朝風呂は、開店前に行列が出来るほど大人気!
夜にじゃんじゃん横丁や通天閣で観光を楽しんだあとの銭湯ももちろん良いですが、朝の早い時間から浴びるお風呂はまた格別です。空に向かって一生懸命に背を伸ばす通天閣が垣間見られるので、夜に見るそれとは違って何とも得した気分になりますよ。

過去に【今ちゃんの「実は・・・」】で紹介された銭湯一覧はコチラ
男性歓迎の大阪・天王寺エリア周辺マッサージ店一覧はコチラ
男性歓迎の大阪・天王寺エリア周辺の出張マッサージ店一覧はコチラ

 

筆者: コラム担当 井上